博報堂、訪日中国系観光客向けO2Oソリューション 『CyberGO』を提供開始

Japan China Tourist Boom
株式会社博報堂は、中国企業Cybermart Group(中国・上海、代表取締役:Steve Chang)と共同で、急増する訪日観光客を顧客企業の店頭に送客促進をおこなうO2Oソリューション『CyberGO』を開発、提供を開始した。

『CyberGO』は、中国、台湾、香港から訪日する観光客にスマートフォンアプリを通じて家電量販店、飲食店、ドラッグストアなどの店舗情報と割引クーポン等を提供することで、観光客の店舗への来店促進と購買促進を同時におこなうソリューション。観光客へのWi-Fiルータの無料貸出とアプリダウンロードを組み合わせることで、観光客数千人(※1)に対して広く情報を配信する。

『CyberGO』は、日本への観光客が多く集まる現地の大手旅行情報サイト、航空会社・空港ターミナル、金融機関などで「Wi-Fiルーター無料貸出&アプリダウンロード」の抽選キャンペーンを行う。観光客を出国前に獲得・会員化することで早期に情報接触を行い、来日前の店舗来訪や商品の購入意思決定を促す。また、日本への滞在中にも会員(観光客)の位置情報に応じて店舗情報の検索や、割引情報などのプッシュ通知を行うことで、滞在中の来店動機を更に高めることも可能。

2014年12月に都内家電量販店にて送客トライアルを実施したところ、買物客は割引クーポンやインセンティブ情報をきっかけに訪問店舗、購入品目を決定するケースが多く見られ、高い成果を収めている。

2月中旬~、春節となり訪日中国系観光客が増加し最大の商戦期となるのを期に、多くの顧客企業への送客を行う本格的なサービス展開を開始する。
既に家電量販店、飲食店情報提供サービス、ドラッグストア、百貨店など多数の企業での採用が決定している。また、今後は日本のサービス提供エリアを5月に関西地区、10月には北海道へと順次拡大する予定。

◆リリース
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/20313


仙台ツイート

公式Facebook

PAGE TOP