不朽のラジオCMが復刻

1984年に制作・放送され、以来結婚式のスピーチや小学校の道徳の教科書にも引用されてきたセイコーホールディングスのラジオCM「一秒の言葉」。その名作CMが、6月10日、TOKYO FMにて放送される。

lineup01_img

CM内で朗読されるコピーを手がけたのは、小泉吉宏さん。同氏は現在、「ブッタとシッタカブッタ」といった代表作を持つ漫画家・絵本作家として知ら れる。「一秒の言葉」は、東京コピーライターズクラブ新人賞を受賞した、氏の出世作でもある。放送から30年経ったいまでも、セイコーホールディングスに 反響の声が寄せられる、名CM・名コピーだ。

『一秒の言葉』

「はじめまして」 この一秒ほどの短い言葉に、一生のときめきを感じることがある。
「ありがとう」 この一秒ほどの短い言葉に、人のやさしさを知ることがある。
「がんばって」 この一秒ほどの短い言葉で、勇気がよみがえってくることがある。
「おめでとう」 この一秒ほどの短い言葉で、しあわせにあふれることがある。
「ごめんなさい」 この一秒ほどの短い言葉に、人の弱さを見ることがある。
「さようなら」 この一秒ほどの短い言葉が、一生の別れになる時がある。

一秒に喜び、一秒に泣く。一生懸命、一秒。

今回、コピーはそのままに、BGMやナレーションをアレンジした2008年放送のリメイク版をオンエアする。30年前のCMを再び流すことについて セイコーホールディングスの担当者は、「往時と変わらず、1秒の大切さを実感できるコピー。このCMを通じて、時計やセイコーのことをより身近に感じても らえたら」と話す。

「時の記念日」でもある6月10日には、リメイク版と共に新作CMも放送する予定。TOKYO FMの6番組では、パーソナリティが自身の「一秒の言葉」にまつわるストーリーを紹介するコーナーを設け、また、特設サイトからはリスナーがエピソードを投稿することもできる。


仙台ツイート

公式Facebook

PAGE TOP