2015年のネット広告市場規模は9194億円、スマホ広告費が過半数を占める

  株式会社D2Cは5日、2015年のインターネット広告市場規模推計調査の結果を発表した。株式会社サイバー・コミュニケーションズ協力のもと、2015 年1~12月のインターネット広告市場におけるデバイス別広告費、広告種別広告費、動画広告費の調査を実施。期間は2016年2~5月。媒体社を対象とし た調査、株式会社電通が2016年2月に発表した「2015年 日本の広告費」を元に調査結果を集計した。

2015年のインターネット広 告費は9194億円で、そのうちスマートフォンは4979億円(54%)、PCは4215億円(46%)と、スマートフォン広告費が過半数を占める。 2014年と比較すると、2015年はスマートフォンが前年比44%増、PCが前年比12%減という結果になった。

2016年の市場規模は、スマートフォン広告費が5516億円(前年比11%増)、PC広告費が4159億円(前年比1%減)になるとD2Cは予測。スマートフォン広告費がインターネット広告媒体費の57%に達するという。

スマートフォン広告費とPC広告費の市場規模推移

インターネット広告市場の中で急速に成長していると考えられる動画広告費は2015年で516億円(前年比78%増)。インターネット広告費全体の 5.6%を占めている。また、2016年の動画広告費は825億円になり、前年比60%増と、引き続き高い成長率を示すと推計されている。

動画広告費の市場規模 推計・予測

2015年の広告種別の広告費を見ると、運用型広告費が6226億円(68%)、予約型広告費が1596億円(17%)、成果報酬型広告費が1372億円 (15%)。運用型広告費では、スマートフォン広告(3810億円)がPC広告(2416億円)を上回っており、全体でもっとも高い比率(42%)となっ た。一方、予約型広告費では、PC広告が1043億円(11%)で、スマートフォン広告の553億円(6%)を上回っている。

広告種別・デバイス別 広告費


仙台ツイート

公式Facebook

PAGE TOP