博報堂生活総研、2017年 ヒット予想1位は「自動運転システム搭載車」

car_pumping_abs_brake

 

博報堂生活総合研究所は、生活者が選ぶ“2017年ヒット予想”を発表した。2016年に注目された商品やサービス、コンテンツなどを生活者に提示し、「2017年以降、話題になりそう/人々の生活に普及・浸透していそう」と思うかを調査したものだ。
“2017年ヒット予想”のランキングは以下のとおり。

 

1 自動運転システム搭載車 69.0点
2  AI(人工知能)技術 68.0点
3 格安スマホ 67.0点
4 ドローン 66.0点
5 ネットスーパー 64.0点
6 ふるさと納税 62.0点
7 電気自動車 61.0点
8 インスタグラム 60.5点
8 訪日外国人観光客 60.5点
10 仮想現実(VR) 59.5点
11 USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン) 59.0点
12 暮らしの支援ロボット 58.0点
13 自動翻訳技術 57.5点
14 企業のポイントサービス 56.0点
15 イートインスペースのある店 55.5点
16 IoT(Internet of Things) 55.0点
17 空き家リノベーション 54.5点
17 民泊 54.5点
19 スーパーやコンビニのPB惣菜 54.0点
19 シニア向け家電 54.0点
21 シェアサービス 53.5点
22 電子書籍 53.0点
22 AR(拡張現実)ゲーム(ポケモンGOなど) 53.0点
24 TV番組の見逃し配信 52.5点
24 おしゃれ駅ナカ 52.5点
26 ワイヤレススピーカー 51.5点
26 写真加工アプリ 51.5点
26 電動アシスト自転車 51.5点
29 在宅勤務 51.0点
30 4Dシアター 50.5点

 

ランキングでは、「補助」「代行」「拡張」などにより生活者を多様に支援する“生活者支援系テクノロジー”が上位に挙がっているが、これらのテクノロジーを博報堂生活総研は「サンキュー・テック」と名付けている。1位の「自動運転システム搭載車」も、人間のミスを「補助」する製品で、サンキュー・テックの1つだ。

 

なお、“2017年 ヒット予想”と合わせ「2016年、ヒットした/話題になった」と思うものも調査。1位「リオ五輪」に続き、2位「AR(拡張現実)ゲーム(ポケモンGOなど)」、3位「ドローン」、4位「君の名は。」などが上位にあがった。

 

■リリース
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/34235

 


仙台ツイート

公式Facebook

PAGE TOP