toggle
マーケティングや広告の企画製作会社です。
2017-08-03

税理士さんと決算のお話を

今日は6月末の決算の集計が出来たので、朝から税理士さんと打ち合わせ。決算書が仕上がり、各種税金も確定したので、振り込み用の振込用紙をいただき、会社の経理パソコンを今期のデータに差し替えていただきました。それで、たまたま余談で話していたら、弊社にはまだ、税務調査が来ていないので、「2期連続結構な黒字を出していますから、そろそろ税務調査が来ますよ。」と言われた。「通常は創業から5年くらいで1度は入るんですが、ちょうど5年ぐらいで東日本大震災で、タイミングを逃したんだと思います。」と言われた。

それで、「個人の時には2度、税務調査がありましたよ。」と伝えて、「2名で1週間ほど調べられました。」と税理士さんに話したら、「それはおかしい。通常は職員が一人で1日ぐらいで終わるものですよ。」と。昔、俺には何があったんだ?。まあ、その時に付き合っていた広告代理店が脱税かなんかでいろいろと調査されている時期だったので、徹底的に調べられたんだろうなぁ。。。

とりあえず、税理士さんが決算処理が終わったので、そのまま銀行に行ってお振込み。心も体も銀行口座もすっきり軽くなり、今期も頑張らないとって思いますな。

でも、現金の振り込みは何だか気持ちが大きくなる。なぜかというと、100万円くらいの現金をATMから降ろして、銀行の封筒に入れると何だかテンションが上がるのだ。心の声が「銭や、金や。現金すげー!」って。普段現金なんてほとんど触っていないので。現金がそばにあると、なくなるまで使ってしまいそうだ。かえってクレジットカードの方がブレーキが利くような気がする。

さーて、次の決算まで11か月。会社をつぶさないように頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

関連記事