toggle
マーケティングや広告の企画製作会社です。
2010-01-22

不景気に対する私的考察

さっき、某会社に打合せに行ってきた。色々と話を聞いてきた。その中で気になったことが一つ。

今年の初売りでは来客数が昨年対比105%で伸びたものの、客単価は10%ダウンとなったというもの。で、その原因を尋ねると、メーカーが販売価格を10%程度引き下げていることと、後は消費者の買い控えでしょう、と言っていた。

ここで一つ疑問が生まれた。実際の初売りでは値引きをしていないので、購入価格は従来と一緒のはず。とすると、買い物した方は、従来よりも勝手にメーカーが安くしてくれたから、大喜びのはず。また、来店者も5%も増えているし、買い手は「不景気」感は無いのではないか?。喜んでいっぱい買っていったはず。

で、元締めの流通会社が言うには、「昨年対比5%ダウンでした。不景気で・・・。」となるのである。コレって、上から目線で、今流行の「関係者の情報では」と同じだね。勝手にメーカーがプライスダウンしたから、売上が下がっただけで、不景気で初売りに来る人が減って売上ダウンしたわけじゃない。

で、今のデフレは、メディアによる利益獲得者が勝手に流している「不景気情報」が作っているのでは、という疑問が湧いてきた。だって、買い物している人は、自分たちが何も努力していないのにやすく買えるので大喜び。不景気感なんてほとんどない。でも、世の中に情報を流す「関係者」だけは、売上金額が減って「不景気」。これをそのままメディアが流す。

しかも、悲しいことに日本人はメディアの言うことは何の疑問も無く信じている。コレが、デフレの悪循環を生んでいるような気がしてならない。

で、この会社は、今後は、大きなプロモーションについては、デザイン、素材は本社で全国統一で実施し、それを地方で、メディア展開をどうするかということと、目先のSP施策をどうするか、という2つの事柄のみになるそうです。また、地方発のクリエイティブが一つ消えた・・・。

関連記事